中国緑茶 烏龍茶 ジャスミン茶を飲み比べてみました

2017年02月02日 | Category - 社員日記

皆様いかがお過ごしでしょうか。このところ冬らしい寒い日が続きますが、風邪などひかないように暖かくして適度な湿気のあるお部屋でお過ごしくださいね。先日 中国の方より中国緑茶 烏龍茶 ジャスミン茶を沢山頂きました。かねもの店、工場のスタッフ一同皆で試飲しました。写真の№1~6が中国緑茶、7がジャスミン茶、8、10が烏龍茶、9が紅茶です。日本茶は淹れるとき茶葉の量(一杯で3g位)湯量(100~160㏄)湯の温度(上級茶は50℃~60℃、中級茶は70~80℃、番茶は80~90℃、1分)で淹れますが、今回中国緑茶は 6人で少しずつ飲むので5g130㏄65℃1.5分で淹れてみました。3,6の云霧、毛峰という炒青緑茶が好評でした。 烏龍茶は8 大紅袍。10 鉄観音いずれも5g130cc90~100℃1分で淹れ香りが素晴らしく味は茶葉の量を倍位にしたほうがしっかりとでると思われました。9は甘みあり7は香りがジャスミンの花そのものでした。日本茶も同じ様に淹れ方(茶葉の量 湯量 湯温 抽出時間)で味が変わりますが中国茶も同じでした。素晴らしい香りに満足の1日でした。

まもなくバレンタインです。バレンタインに当店のチョコ(みどりの恋人)はいかがですか。

 

CIMG3135

 

 

CIMG3133CIMG3136

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG3137CIMG3139 CIMG3140 CIMG3141 CIMG3142 CIMG3143 CIMG3144 CIMG3145 CIMG3146

 

 

 

 

 

PAGE TOP