お茶と文学

会長 角替茂二

株式会社かねも 会長 角替茂二

「そうだ、せめて濃いうまい茶でも飲んで、
人生考え直してみるか。」

プロフィール
  • 静岡県掛川市在住
  • 大正5年3月17日生まれ
  • 旧制静岡高校卒
  • 東京帝国大学(東京大学)経済学部卒
  • 平成29年(2017)8月8日101歳没
学歴
  • 元静岡県茶商工業協同組合理事長
  • 元静岡県茶商工業協同組合連合会理事長
  • 元社団法人 静岡県茶業会議所副会頭
  • 全国茶商工業協同組合連合会副理事長
  • 元社団法人 日本茶業中央会理事等を歴任
  • 元 株式会社かねも 相談役
  • 第十回 野上弥生子――茶三昧賢く生きる1

    2015年06月10日

    ―――老いの生き甲斐 老人大国日本では高齢者の医学に関する解説書が次々に出てくる。医学に素養のない者にとっても有難い話なのだが、なかなか六ヶ敷理解しがたい思いが …

    Read more

  • 第九回 島崎藤村―お茶のミックス2

    2015年06月10日

    ―――生一本―――合組茶のうまさ あるところより、日本最古の茶園で製せらるるといふ茶を分けて貰った。日頃茶好きなわたしはうれしく思って、早速それを試みたところ、 …

    Read more

  • 第八回「島崎藤村」お茶ミックス

    2015年06月10日

    藤村はお茶が好きであった。そして藤村くらいその作品の中で茶についての感想を語った作家は珍しい。その例を拾ってみる。 信州人ほど茶を嗜む手合も鮮少からう。斯ういふ …

    Read more

  • 第七回「芥川龍之介」鉄瓦の湯を日に三度空にする

    2015年06月10日

    一 芥川龍之介は大正五年漱石に激励された「鼻」を発表し華々しく文壇にデビューした。続いて矢継ぎ早に「芋粥」「戯作三昧」「地獄変」等を刊行し、多くの文芸愛好家を魅 …

    Read more

  • 第六回「森 鴎外」カフェインの定量分析3

    2015年06月10日

    ―――――小説の中のお茶 一 カズイスチカ ― 父静男のお茶 待合にしてある次の間には幾ら病人が溜まってゐても、翁は小さい煙管で雲井を吹かしながら、ゆっくり盆栽 …

    Read more

  • 第五回「森 鴎外」カフェインの定量分析2

    2015年06月10日

    ―――――日本茶の分析 明治十八年一月七日 日本茶の分析に着手す(全35P91ドイツ日記) 伊達一男氏は次の如く述べられている。(月報29~30) 鴎外はライプ …

    Read more

  • 第四回「森 鴎外」カフェインの定量分析

    2015年06月10日

    ―――――はじめに テーベス百門の大都(木下杢太郎)と云われ、又辞引を片手に読め(永井荷風)とも云われた鴎外の文学は、凡人にとって難解であることは云うまでもない …

    Read more

  • 第三回「夏目漱石」‐ 煎茶をウマイと思って嗜む3

    2015年06月10日

    ―――――のどこし 「猫」に迷亭がそばを食う場面がある。「此長い奴へツユを三分の一つけて、一口に飲んで仕舞ふんだね。噛んぢゃいけない、噛んぢゃ蕎麦の味がなくなる …

    Read more

  • 第二回 「夏目漱石」- 煎茶をウマイと思って喫む 2

    2015年06月10日

    ――――滑稽な話 明治四十四年五月九日の日記に、 「○やがて膳を引いて新しい膳が又出た。此度のも副膳がついてゐる。本膳には、汁、御つぼ、それから御平、御酢あへ、 …

    Read more

PAGE TOP