契約優良茶園

粟ヶ岳の斜面の「茶」文字

世界農業遺産「静岡の茶草場農法」

茶草場とは、茶園に有機物として投入するササやススキなどの草を刈り取るための半自然草地のことです。

茶園への草の積極的な地用のため、茶園周辺には茶草場が点在しています。静岡では当たり前の風景ですが、他ではほとんど見られない静岡県の特徴的な風景です。そこには希少種を含む多くの草地性の植物を身近に見ることが出来ます。

草地場から刈り取ったススキなどの草を茶園に敷く伝統的な茶草場農法の技術は、より高品質なお茶を生産しようとする農家の方々の努力により今日まで継承されています。良質なお茶を生産する営みが、結果的に生き物を守ってきたのです。
このように農業と生物多様性が同じ方向を向いて両立していることが世界から評価され、世界農業遺産に認定されました。

  • 1.晩秋に草を刈る

    1.晩秋に草を刈る

  • 2.刈った草を乾燥させる

    2.刈った草を乾燥させる

  • 3.刈った草を裁断する

    3.刈った草を裁断する

  • 4.茶園に投入する

    4.茶園に投入する

掛川市日東地区

掛川市日東地区は昔から優良茶産地として有名でありますが、「茶の蔵かねも」ではその中でも特にうまい茶づくりに執念を燃やし全国品評会でしばしば農林大臣賞の栄誉を獲得された篤農家の方々と緊密に連絡、契約栽培をいたしております。

この地区の篤農家は毎年茶園に野山の草を刈り、これを茶樹の根本に敷草として敷きます。ひとつには、雑草の繁茂を防ぎ、敷かれた草は時間に経過とともに土に還り、有機質の肥料になります。こうして永い年月の経過とともに茶園の土は豊になります。

京の大文字になぞらえた「茶」の大文字

粟ヶ岳の斜面には「茶」の大文字があります。
東山地区の共有財産である粟ヶ岳の南東斜面に「何か地元のみんなが心をひとつにできるようなモニュメントをつくりたい」という話が発端で生まれたものだそうです。

昭和22年~23年ごろ、当初は松で描かれましたが、松喰い虫にやられ、後に虫害に強いヒノキで作り直されました。掛川市の記念碑のひとつです。

御林地区

希少品種である深むし茶「おくみどり」、「あさつゆ」は御林地区で栽培されております。

  • 「おくみどり」生産農家 大塚祐司さん

    「おくみどり」生産農家
    大塚祐司さん

  • 「あさつゆ」生産農家

    「あさつゆ」生産農家
    杉本和久さん

PAGE TOP