食べ物エッセイスト 小日向 舞さんエッセイ

食べ物エッセイスト 小日向 舞さん

食べ物エッセイスト 小日向 舞さん

「静岡の番茶」

かねも社長は、「これが、静岡県で言うところの番茶です」と、番茶も一緒にくださった。以前どこかで、番茶とは、地域によって製法が異なると聞いたことがあった。小学館の国語辞典によると「摘み残りのかたい葉、茎、枝などでつくった品質の劣る茶」とある。これが本当だとすれば、私はそういう「品質の劣っている」茶ばかりを今まで飲んできたということになる。

とにもかくにも、番茶と言えば京番茶しか知らない私は、静岡の番茶を見て、またまた驚いた。銀色の袋を開けると、緑色のお茶っ葉が入っている。それもそのはず、静岡の番茶は煎茶だったのだ。

いただいたほうじ茶をひととおり楽しんだ私は、今度は番茶を入れてみることにした。しかし、またもや入れ方がわからない。煎茶は低い温度で入れるとあるが、はたして煎茶の番茶はどうなのか。これも、一から調べるところからはじまった。

番茶の場合は、どうやらそこそこの高温で入れるものらしいと知った私は、また適当な分量を、鍋に放り込んでみた。しばらくすると、黄色っぽい茶色のお茶ができあがった。

熱いお茶をひとくち飲むと、口一杯に茶畑の香りが広まった。
静岡に来るまで、茶畑の真ん中に立ったことなどなかったので、畑に植わっている状態で、葉っぱがあんなにいい香りがするとは知る由もなかった。畑やお茶の工場で、あの生葉のさわやかな香りをはじめて嗅いだとき、どういうわけか、風呂をこの香りで満たすことができれば、どんなにいいだろうと思った。
そこで、ふとひらめいた。静岡の番茶は、冷やして風呂上がりに飲むのがいいのではないだろうか。のどが渇いているからガブガブ飲みたい。できれば冷たい方がいい。風呂中を生のお茶っ葉のにおいで満たすのは、どうやら無理そうだが、せめてお風呂上がりに飲んでみると、夢に近い体験が可能かもしれない。

風呂上がりに冷やして飲むと、予想通りの満足が得られた。
冷やすとちょっと風味が変わるような気がするが、ま、そのへんはあまり神経質にならずに楽しむことにした。私は、カフェインに弱いから、これまで夜に煎茶を飲むなどもってのほかだったが、番茶なら大丈夫である。苦みがなく、ほのかに甘く、あとくちスッキリの静岡の番茶は、ゴクゴク飲める「気のおけない」お茶である。またひとつ、楽しみが増えた。

PAGE TOP