食べ物エッセイスト 小日向 舞さんエッセイ

食べ物エッセイスト 小日向 舞さん

食べ物エッセイスト 小日向 舞さん

「二番茶」

秋冬番茶と一緒に、二番茶もいただいた。二番茶は、パッケージを開けた瞬間から、番茶とは異なる「顔」をしている。まず葉が、秋冬番茶に比べると細かくて、しなやかだ。とっさに「これは、きっと高温でいれてはいけないはず」と思い、最近買った温度計をお茶入れに「導入」した。素人ながらも、せっかく飲むなら、うまくいれてみたいのだ。

湯を沸かしている間、つい、いれる前の葉っぱを、つまんでポリポリと食べてしまった。すると、なんともいい香りが口中に広がった。春に見学したお茶工場の香りである。香ばしいお茶独特の香りとほのかな苦み、そしてその後にくる甘みがくせになり、お湯の準備ができる前に、ずいぶんと葉っぱばかり食べてしまった。こんなに茶の葉がうまいものだとは、思いもよらなかったのだ。

そうこうしているうちに、お湯はちょうどよい温度まで冷めた。いよいよ「葉っぱ投入」であるが、またまたどれくらいいれたら良いのかわからない。そういえば、店主が以前、「たくさん入れた方がおいしいですよ」とおっしゃっていたのを思い出し、少し多い目に入れてみた。

しばらくすると葉が開き、緑色に「もやっ」とにごったお茶ができあがった。いただいた番茶は二種類とも、黄色くなったが、今回のはまぎれもなく「緑茶」である。  
さっそく湯飲みに入れて、飲んでみた。葉っぱのまま食べたときの強い香りは薄れていたが、逆に苦みは少々きつくなっている。そして、ほんの少し渋い。が、うまい。苦みも渋みも、決してとげとげしいものではなく、まるみを帯びた味なのだ。そこに、じわーっと舌の奥に旨味が感じられ、ちびちびと飲むたびに、「苦み渋み旨味」が、わずかな時差で感じられ、飲み込むたびに、ゆるんだ顔から思わず「はぁ〜っ」とため息が漏れる。番茶とは、まったく別の飲み物といった感じである。

先日、友人が、京都からおはぎを持って来てくれたので、さっそく二番茶を入れて、一緒にいただいた。彼女は、「この、ちょっと苦いのが、甘いもんには丁度ええなあ」と言い、喜んでお茶を飲んでくれた。私も、「せやなあ、これくらいが、なんや心地ええなあ」と、ゆっくりゆっくりおはぎを切り分けては、ゆっくりゆっくりお茶を飲んだ。濃いめにいれたお茶と、甘すぎない和菓子という組み合わせ、定番ではあるが、今一度その良さを実感した。「ほっこりする」には、やっぱりお茶とお菓子と茶飲み友達が欠かせない。

しかしこのお茶、番茶とちがって、おいしいからと調子に乗って飲み過ぎると、すっかり目がさえて眠れない。夜の飲み過ぎは禁物である。

PAGE TOP