至福(深蒸し茶)100g平袋

カテゴリ:

至福(深蒸し茶)平袋
  • 抽出
  • 茶葉

「至福」は“心をこめたおもてなし”、“贈り物”にお勧めします。
やわらかな若芽の煎茶の旨みが至福をもたらします。

五月二日前後の八十八夜ごろ摘んだ若芽を厳選した高級深蒸茶です。
八十八夜の清々しい風のような香気と滋味をお楽しみ下さい。
心をこめた贈り物に最適と存じます。
掛川産深蒸し茶。

茶葉5gにつき、70度に湯ざまししたお湯を150cc入れ約1分30秒おいてからお飲み下さい。
※お好みで茶葉を増減しお愉しみ下さい。

価格
2,000円(税別)
内容量
100g
包装・容器
平袋

食べ物エッセイスト 小日向 舞さんエッセイ

食べ物エッセイスト 小日向 舞さん

食べ物エッセイスト 小日向 舞さん

至福で味わう「至福の時」

私が煎茶を日常的に飲むようになって、かれこれ一年近く経った。最近は、一杯の煎茶で至福の時を味わっていると感じる瞬間が、「たしかにあるなあ」と思う。このお茶の場合、名前そのものが「至福」である。となれば、このお茶を飲めば、究極の至福の時を味わえるにちがいない。

袋を開けると、葉は鮮やかな緑色で、かなり細かい。乾燥した状態の茶葉を、少し口に含んで噛んでみると、すぐに旨味が広がった。その時点で、「これは、きっとかなりおいしい」と察することができる。

いよいよ入れて飲んでみると、予想していたとおり、たっぷりと旨味がとけ込んでいた。渋味は少ないが、程良い苦味があり、深くて厚い旨味の層が、じわっと底から味全体を支えている。口福でも、相当旨味成分が多いと感じたが、至福になると、またその三倍くらいあるように思う。普段、会社で気分転換にちょっと入れて飲むお茶としては、もったいないくらいハイグレードな味である。休日の昼下がりに、落ち着いて、ゆっくり入れて、ゆっくり一杯を楽しみたい。

しかし、このくらいいいお茶になってくると、入れるのが難しくなってくる。温度、茶葉の量、入れる時間など、厳密にやってみても、毎回わずかに味がかわる。味の感じ方は、体調によっても大いに左右されるようだが、このお茶の場合、「この前入れたときの方が、うまくいった」などということが、わりとよく起こるのだ。もちろん、少々失敗しても、おいしいことにはかわりがないのだが、やはり常にうまく入れて飲みたいものである。

そこで試してみたのが水出しだ。冷蔵庫で冷やした(4、5度くらいだろうか)おいしい水に、直接茶葉を入れ、5分かそこら置いておく。ときどき混ぜたり、ふたの付いた入れ物ならば振ったりして、旨味を最大限出す。それを濾して、ガラスのコップに注ぐ。葉に残った水分は、指で押したりなんかして、最後の一滴まで搾り出す。
水出しは、お湯で出すときより味が安定するように思う。それに、暑い夏には最適だ。冷えすぎていると味がよくわからないが、至福の場合、5度くらいの水で出せば、まるで玉露のような旨味と、ほろ苦さのハーモニーが、存分に味わえる。

ふと気が付くと、無意識に目を閉じ、口に含んだ冷たいお茶を、舌の上でころがしていた。至福で味わう「至福の時」とは、まさにこのことなのだろう。


PAGE TOP