口福(深蒸し茶)100g平袋

カテゴリ:

口福(深蒸し茶)100g平袋
  • 口福茶葉
  • 口福抽出液

肥料のよく効いた茶葉を充分蒸し、味が濃くお通の皆様に愛飲されております。

五月初旬の若芽をよく蒸し、爽やかな旨みのあるお茶。
お茶好きの方に好評です。
丁寧に火入れ、仕上げをしました。
日東地区優良茶園産深蒸し茶。

茶葉5gにつき、70度に湯ざまししたお湯を150cc入れ約1分30秒おいてからお飲み下さい。
※お好みで茶葉を増減しお愉しみ下さい。

価格
1500円(税別)
内容量
100g
包装・容器
平袋

食べ物エッセイスト 小日向 舞さんエッセイ

食べ物エッセイスト 小日向 舞さん

食べ物エッセイスト 小日向 舞さん

口福

はじめてこのお茶を飲んだのは、「かねも」を訪れたときのことだった。それまでに私が飲んだことのあるもっとも高いお茶は、「口福」よりは二段階ほど価格の安い「茶烟」だった。

茶烟もうまいが、口福をはじめて飲んだとき、私は仰天した。実は、自分で入れてみたために、やや温度が低すぎて、あまりよく出ていなかったのだが、それでも今まで飲んだことがないほどうまいお茶だと感じたのだ。

「口福」というくらいだから、口が幸せなのはわかるが、幸せだったのは、なにも口だけではなかった。なんと鼻が、ものすごい「幸せ」を感じたのだ。口に含むと同時に、豊潤なお茶の香りが、ふわぁ〜っと頭蓋骨の中で反響するような気がした。その瞬間、昨年、茶摘みの見学に連れていってもらったときに、お茶の工場で胸一杯吸い込んだ香りを、ふいに思い出した。一口飲んで目を閉じると、茶畑のど真ん中に経っているような錯覚に陥ったほどだ。
もちろん味も、お茶のランクが上になってきていることもあって、深みとコクが増している。「まろやか」という言葉は、こういう味に使うのが適切なのかなあ、と思う。とにかく味に角がない。かといって頼りないわけではない。

はじめて飲んだときの口福の味は、よほどインパクトが強かったのか、その日一日、口の中にずっと余韻が残っていた。また飲みたい。あの味をもう一度味わいたい。そればかり考えた。これは決して大げさに言っているのではない。自分でも、ほかの食べ物や飲み物で、こんな経験をしたことがなかったので、本当に驚いた。

お茶を飲む習慣がつくと、味の違いが徐々にわかるようになるが、一方で、感動は薄れてくる。なぜならそれは、味に「慣れてしまう」からである。だから、はじめて「口福」を飲んだときのような驚きと感動は、今後そうそう体験できないにちがいない。しかし、あの「うまかった!」という強烈な印象によって、お茶の、さらにディープな「嗜好品」としての世界へ入る扉が、私の目の前で開かれたことは確かだった。

あの日、口福を飲んで以来、ますますお茶のとりこになった。ただ飲んでおいしいだけではなく、ある意味麻薬のような「恍惚」と「快感」が、お茶を飲むことで得られるんじゃないかと期待してしまう。しかしお茶ならば、たとえ中毒になったところで、いわゆる麻薬とはちがって害はない。それどころか、身体には非常にいいというのだから、大いに中毒になりたいものである。


PAGE TOP