茶烟(深蒸し茶)100g缶

カテゴリ:

茶烟(ちゃけむり・深蒸し茶)缶
  • 茶烟茶葉
  • 茶烟抽出液

ご家庭用に好まれております。団欒の食後に如何でしょうか。
一服のお茶で会話がはずみます。

五月十日頃摘採。
葉肉の厚い茶葉をよく蒸し、強めに火入れをしました。
華のある香りと甘みを食後にお楽しみ下さい。
掛川産深蒸し茶。

茶葉5gにつき、70度に湯ざまししたお湯を150cc入れ約1分30秒おいてからお飲み下さい。
※お好みで茶葉を増減しお愉しみ下さい。

価格
1100円(税別)
内容量
100g
包装・容器

食べ物エッセイスト 小日向 舞さんエッセイ

食べ物エッセイスト 小日向 舞さん

食べ物エッセイスト 小日向 舞さん

食後の愉しみ「茶烟」

私はこのお茶が大好きだ。お茶菓子もなにもいらない「茶烟」は、一煎目の一杯が、とにかくうまい。

この正月、実家へ帰るときに、私はこのお茶を「連れて」行った。食後の一服のためである。食事を終え、後片付けをしたら、待ちに待ったお茶の時間である。湯をわかし、70度弱まで冷まして、一杯分だけ心を込めて入れる。
大層に聞こえるかもしれないが、ひとくち飲んで「うまい!」と思うためには、たった一杯でも、毎回細心の注意をはらって熱心にいれなければならないように思う。それは、別にこのお茶に限ったことではないが、私はこのお茶が好きだから、つい贔屓して丁寧に入れる。
もちろん、2杯分以上入れてもいいのだが、そうすると味が変わるように感じる。気のせいかもしれないが、湯の量が増えると、同じ分量で同じ温度でも、なぜか大味になる。2杯くらいならまだいいが、4杯、5杯と増やしていけばいくほど、不思議と味は薄れていく。「特別のお茶」が、どんどん「普通のお茶」になってしまうのである。
だから、少人数に、一杯ずつ丁寧にいれるのが望ましいように思う。私は、普段は煎茶を飲まない母に飲ませてみたが、その味に非常に驚いていた。香り、旨味ともに非常に豊かで、コクがあって、苦みや渋みも少ないこのお茶は、ひとくち飲んだだけでも満足度が高い。まったりとした味は、飲み物というよりは食べ物のようである。

しかし二煎目は、まるで魔法が解けたかのように、普通のお茶の味になる。美味しいけれど、一煎目の極上の味との差がはげしい。正月は、茶を入れるたびに、一煎目をほとんど母に飲まれてしまったため、私は二煎目ばかりを飲んでいたが、やはり一煎目が一番である。ためしに母に二煎目を飲ませると、「ええ、こんなに味が違うんか?」と、またまた驚いていた。
だから、少なくても最初の一杯に賭けるのである。私は煙草を吸わないが、吸う人に言わせれば、食後の一服が最高にうまいという。「茶烟」は、満腹の後の締めの極楽である。


PAGE TOP